設計スタイルで選ぶ、2種類のオーダー住宅。

とことん個性を追求して、じっくりゼロからつくり上げるのか。
はたまた、プロにまかせてベストなものを目指すのか。
住まいづくりに関するさまざまなご要望に応えられるよう、
2種類のオーダー住宅ラインナップをご用意しています。

あなたの理想がきっと見つかる!

サラホームの住まいづくりマトリクス

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014

SARA HOME 桜建築事務所は「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」の優秀賞を3年連続受賞しています。

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」とは、環境負荷削減の推進と快適な住まいづくりへの貢献を目指し、省エネルギー性能の優れた住宅を表彰する制度のこと。サラホームの「いえらぼ」は、その省エネ性能が高く評価され、2014年度・2015年度・2016年度の優秀賞を受賞しています。

スペック、デザイン、コストにこだわり、すべての住まいに高品質を追求しています。

住まいとしての基本性能にこだわる

スペック・Spec

高気密・高断熱にこだわり、「夏はすずしく冬はあたたか」な理想の室内環境を追求。
また、万一の地震からもかぞくをしっかりと守れるよう、耐震等級3相当の強くたくましい住まいをつくります。

子どもたちに、美しい環境を残すために。

高気密・高断熱な
住まいづくりで、エコを追求。

スイッチをつければ電気が点き、蛇口をひねれば水が出る。とても便利な世の中ですが、その便利の源となるエネルギーには「限り」があります。子どもたちに豊かな環境を残していくためには、エネルギーのむやみな消費を抑え、エコロジーな社会を形成していかなければなりません。
サラホームはこのような考え方にもとづき、従来のように高効率の機械・設備で自然を抑え込むのではなく、自然の力を活かして「夏はすずしく冬はあたたか」な室内環境を実現する高気密・高断熱な住まいづくりを追求しています。

  • 四季を通じて心地よい室内環境を実現

    硬質ウレタンフォームor高性能グラスウール

    硬質ウレタンフォームまたは高性能グラスウールを採用し、Q値2.0前後、C値1.0以下を実現。電力をはじめとするエネルギー依存率を低減し、四季を通じて心地よく暮らせるECOでローエネな住空間を実現します。

  • 優れた遮熱・断熱効果を発揮する

    アルミ樹脂複合Low-Eペアガラス

    熱を通しやすい開口部には、中間層にアルミ樹脂を封入した「Low-E ペアガラス」を採用。外からの日射エネルギーを遮ると同時に室内の熱を逃さず、エアコン効率を高めます。また、断熱・遮熱性に優れるだけでなく、結露を抑制し紫外線をカットするというメリットもあります。

もしもの時の安心も、健やかさも。

こまやかな配慮で、住まいの基本性能を高めています。
  • 健やかな空気環境に貢献する

    24時間換気システム

    室内の空気を入れ替え、いつも新鮮な空気を循環させる「24時間換気システム」を導入。ホルムアルデヒトをはじめとする有害物質をこもらせず、シックハウス症候群やアレルギーなどを発症しにくい健やかな住空間をつくります。

  • もしもの時もかぞくを守り抜く

    高耐震

    LIXILスーパーウォール工法を採用するほか、基礎や土台、柱などの躯体構造部にもこだわり、国交省が定める耐震等級の最高等級「耐震等級3」相当を実現。数百年に一度発生するといわれる震度7クラスの地震の約1.5倍の地震力に対し、倒壊・崩壊しない強さを誇ります。

自然の恵みを採り入れて心地よさを高める

デザイン・Design

自然の恵みを室内に採り入れる「パッシブデザイン」という考え方にのっとり、採光・通風に恵まれた住まいをデザイン。生活動線やディテールのしつらえにもこだわり、ストレスフリーな暮らし心地をご提供します。

自然の恵みを室内に採り入れる

パッシブデザイン

パッシブデザインとは、立地環境を理解した上で、光や風とを採り入れることを目指す設計思想のこと。夏の日差しをどう遮り自然の風をどう採り入れるか。設備に頼りきらず得られる心地よさを追求しています。

  • 立地条件や周辺の地形に応じ
    風の通り道を設計する「通風計画」

    立地条件や周辺の地形について綿密に調査し、効率的に風を採り入れられる開口部を設計。ただ採り入れるだけでなく、「温度差換気」という空気の動きを利用した自然換気システムを構築するなど、風の通り道をつくるよう配慮しています。

  • 夏は日差しをさえぎり
    冬は陽だまりをつくる「採光計画」

    太陽の高度は、季節によって変化します。この自然の摂理を考慮した上で、開口部の大きさや庇の長さなどを調整することにより、夏の厳しい日差しをさえぎりながら冬には陽だまりをつくるという理想的な室内環境を実現します。

かぞくのライフスタイルに柔軟に応える

暮らしやすさに配慮した「動線設計」

「いえらぼ」が目指すのは、かぞくの想いにぴったりと寄り添った、世界でただひとつのオリジナル住宅。幾度も打ち合わせを重ねることにより、
それぞれのご要望やライフスタイルをしっかりと反映させた間取りプランをご提案します。その一例をご紹介します。

  • アイコンクリックで
    写真と解説文が表示できます。

快適と省エネのベストバランスを追求する

ゼロエネハウス・ZEH

政府は「2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にする」という目標を発表しております。 サラホームでは2020年のスタンダードを既に標準にした家づくりの普及を推進しております。

桜建築事務所では、2020年 ZEH 50%以上を目標にしています。

~ZEH ロードマップ~

平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
ZEH受託率 20%(21%達成) 25% 30% 40% 50%
※ZEHについてはこちらをご覧ください。

住まいの未来も見すえる

ZEHに対応する性能を標準で実現

サラホームが目指す家づくりは「快適と省エネの両立」。高い気密・断熱性能にこだわり、標準仕様でZEHの断熱基準を超える高品質な住宅をご提供します。 家の「断熱・気密性能」を高めて、一年を通して家中の温度差が少ない快適な空間の実現。また「パッシブデザイン」の思想と共に、「使うエネルギー」をできるだけ減らし、「創るエネルギー」を最小限にすることが大切だと考えています。太陽光パネルなど「創るエネルギー」を過剰に必要としない、家の外観や屋根形状を無理に変える心配のないゼロエネルギーハウスを実現します。

品質と価格のベストバランスを追求する

コスト・Cost

予算内で収めるためのコスト管理も、住まいづくりにおける大切な要素のひとつ。オーバースペックとならないよう、こまめに資金計画をご提案します。また、ライフサイクルコストを踏まえ、 最適なローン計画の相談も承ります。

住まいのトータルコストを見える化する

「いえづくり計画書」と「FPシミュレーション」

住まいづくりに必要なコストは、土地価格と建物価格だけではありません。付帯工事費用やローン代行手数料、固定資産税や都市計画税など、「諸費用」という名目でさまざまなコストが上乗せされます。これらを含めた支払い総額を初期段階でご提示するのが、サラホーム独自の「いえづくり計画書」。はじめからトータルコストがはっきりと分かるので、安心して住まいづくりを進めていただけます。
また、無理なく購入できるマイホームの上限額や最適な住宅ローンの返済計画などの「FPシミュレーション」も承っております。住まいづくりのベストパートナーとして、どんなことでもお気軽にご相談ください。

見えないところも、住まいが完成した後も。
サラホームは、かぞくの楽しさを支え続けます。