「かぞく、楽んでる!!」
を実現させる家づくり
サラホームの家の
構造・性能・保証

日本には、住宅を建てる際の“最低限”の基準となる『建築基準法』という法律があります。しかしこの法は、あくまで“最低”のラインしか定められていないんですよ。したがって、これに則って家を建てても、お客様が快適で、満足のいく住宅とはほど遠いものになるはずなんです。そこで、サラホームでは、「住み心地」「設計」「価格」の3つのバランスがとれた家づくりをご提案しています。我々が考える家づくりとは、最適な性能や構造を兼ね備えた結果、建築基準法もきちんと満たされていること。だからといって、むやみに最新の設備を導入して、無駄に高性能にすればいいとは思いません。例えばパッシブな設計で空間の快適性を高めたり、初期費用をかけることでランニングコストを抑えたり。要するに、それぞれのバランスが大事になってくるんです!日本には、住宅を建てる際の“最低限”の基準となる『建築基準法』という法律があります。しかしこの法は、あくまで“最低”のラインしか定められていないんですよ。したがって、これに則って家を建てても、お客様が快適で、満足のいく住宅とはほど遠いものになるはずなんです。そこで、サラホームでは、「住み心地」「設計」「価格」の3つのバランスがとれた家づくりをご提案しています。我々が考える家づくりとは、最適な性能や構造を兼ね備えた結果、建築基準法もきちんと満たされていること。だからといって、むやみに最新の設備を導入して、無駄に高性能にすればいいとは思いません。例えばパッシブな設計で空間の快適性を高めたり、初期費用をかけることでランニングコストを抑えたり。要するに、それぞれのバランスが大事になってくるんです!

最低限度の基準とは?

これを全て叶えるためにサラホームは
3つのバランスを大切にしています。

価格・設計・性能

温熱環境

サラホームは UA値
0.5前後 を実現!

UA値とは? 「熱がどれだけ外に逃げるか」を数値化したもの。断熱性や気密性などから計算ができ、値が小さい方ほど、熱が逃げにくいということになります。UA値とは? 「熱がどれだけ外に逃げるか」を数値化したもの。断熱性や気密性などから計算ができ、値が小さい方ほど、熱が逃げにくいということになります。

日本の住宅が他の国と比べて「寒い」と言われているのはご存知でしょうか? その理由は、歴史的な背景に関係があります。かの有名な随筆家・吉田兼好は『徒然草』の中に“家のつくりやうは、夏をむねとすべし”と残しました。これはつまり「夏場の暑さを考えて、涼しい家づくりが良いですよ」ということ。「寒さは我慢する」というのが美徳だという考え方が、今も少なからず残っているように思えます。
時代が進むことで、住環境や生活環境、温暖化などの地球環境など、さまざまな変化や進化がありました。日本と考え方が真逆とも言えるのが、住宅先進国の欧米諸国。彼らは健康リスクへの意識の高さから、冬の気候を基準にした家づくりを推奨しています。特に「室温」は重要視されていて、決められた室温を下回る建物には罰則を設けている国まであるんです。
ここからは、諸外国の室温への意識や考え方をご説明していきましょう。

イギリス 室温19度以下は健康リスクが現れる温度、理想的には21度以上

ドイツ 室温19度以下は「基本的人権」を損なうと規定。

室温が18度未満になると、疾患リスクが高まるデータがあります。
欧米では国民の健康維持のための室温の指針があり、住環境を最重視しています。

室温と疾患リスクの関係をご覧いただいて「意外と高い室温でもリスクがある」と感じませんでしたか? 室温はエアコンの使用によって大きく上下します。そのときに大切になってくるのが『UA値』なんです。

UA値を小さくする 断熱性能を向上させることで暖房を停止させてからの室温の低下を小さくするUA値を小さくする 断熱性能を向上させることで暖房を停止させてからの室温の低下を小さくする

なぜ、サラホームはUA値0.5前後を基準としているの?

神奈川県は、寒さが厳しい地域という印象はありませんよね。とはいえ、冬場の外気温は1桁まで落ち込み、真冬の夜間にもなれば氷点下に迫るほど冷え込みます。そうなると、呼吸器系疾患に影響が出る可能性のある16度まで室温が下がることも珍しくはないんですよね。寒冷地ではなくても、しっかりと室温についても考える必要があることが分かると思います。

耐震性能

もしもの地震のとき、
大切な家族を守れるように。
サラホームの家は最高ランクの
『耐震等級3』
取得しています。

2000年に制定された『住宅の品質確保の促進等に関する法律』において、耐震基準は3つのランクに分けられました。その中で、建築基準法が定めるところと同等なのは「等級1」です。これは、数百年に一度発生する地震(震度6〜7程度)の揺れ対して、倒壊・崩壊しない強さを備えているということ。 サラホームがつくる住まいは、この基準を1.5倍も上回る、最高ランクの「等級3」を取得しているんです。それを実現しているのが、以下に紹介するさまざまな工法や処理。万が一、大地震が発生した場合も、かけがえのない家族と財産を守れる住まいを追求しているからこその選択です。 ※耐震性能評価の取得には、別途費用が必要となります。

さらなる安心のために!さらなる安心のために!

+1 住まいの強度をさらに高めています!厳選した構造用部材・ピン工法+1 住まいの強度をさらに高めています!厳選した構造用部材・ピン工法

在来軸組工法の弱点を補うために開発された接合金物を使用したのが『ピン工法』になります。これは、木材の欠損部を極力減らして、「継手」や「仕口」部分を金具で接合・緊結することで高い精度と安全性を実現した工法。金具がコンパクトなので扱いやすいく、合理的な施工を可能にしてくれます。また、震度7の地震にも動じない頑強な軸組をつくるために、定期的な強度実験の実地・検証もされている安心・安全な構造用部材を使用しているんですよ。

+2 一般的な床組の約3倍の強度です!剛床構造+2 一般的な床組の約3倍の強度です!剛床構造

『剛床構造』とは、床下に構造用合板を敷き、フロア全体の床を一体的な「面」として構成する工法のことです。2階の床には根太(床板を支える横木)を使わず、厚さ24mmの厚合板と、その上に12mmのフローリングを張ることで、合計36mmにもおよぶ剛床構造を採用しています。こうすることで、水平耐力が向上し、一般的な床組の3倍近い強度が実現されるんですよ。
また、1階の床は、12mmのフローリングの下に、より厚みのある28mmの構造用合板を敷いた計40mmの剛床構造を基準としています。1階の耐力壁に対する力を分散させて、住まい全体で地震の揺れを支えることにより、より高い耐震性が備わっているんです。

+3 最近の異常気象にも、備えあれば憂いなし!耐風等級も最高レベルの『耐風等級2』を取得+3 最近の異常気象にも、備えあれば憂いなし!耐風等級も最高レベルの『耐風等級2』を取得

等級1
建築基準法に準拠したレベル
500年に1度の極めて稀な暴風でも、
倒壊・崩壊しません
50年に1度の稀な暴風でも、損傷しません
※伊勢湾台風級の風でも倒壊しません

等級2
建築基準法レベルの1.2倍の暴風にも
対抗できます

耐久性

アレもコレも、
結露が原因かもしれません!

窓だけじゃない、隠れた結露ほど恐ろしい! 壁内結露は躯体を腐らせてしまう可能性があるんです! 余分な水分により窓枠や壁などの品質劣化を招きます! 壁内結露は断熱材のずり落ちの原因となり、その性能を著しく低下させているかもしれません! 過度な湿気はカビ・ダニの温床となり、アトピーなどの健康被害の原因になります!窓だけじゃない、隠れた結露ほど恐ろしい! 壁内結露は躯体を腐らせてしまう可能性があるんです! 余分な水分により窓枠や壁などの品質劣化を招きます! 壁内結露は断熱材のずり落ちの原因となり、その性能を著しく低下させているかもしれません! 過度な湿気はカビ・ダニの温床となり、アトピーなどの健康被害の原因になります!

結露の大きな原因は、
外気温の低さや換気が足りないこと。
断熱性・気密性を高めれば
リスクが回避できます。

結露の大きな原因は、外気温の低さや換気が足りないこと。断熱性・気密性を高めればリスクが回避できます! 室内と屋外の間で隙間風が生じないように、隙間を減らすことを「住宅の気密化」と呼びます。具体的には、寸法誤差の少ない高品質建材を使用し、建材と建材の接合部分を気密シートや気密テープなどで隙間なく施工していく、ということ。つまり、高気密の実現には、通常よりも多くの専用部材と、丁寧な施工を行うための高い技術が必要となるんですね。手間やコストはかかりますが、快適な住宅をつくるためには絶対に見逃せないポイントと言えるでしょう。結露の大きな原因は、外気温の低さや換気が足りないこと。断熱性・気密性を高めればリスクが回避できます! 室内と屋外の間で隙間風が生じないように、隙間を減らすことを「住宅の気密化」と呼びます。具体的には、寸法誤差の少ない高品質建材を使用し、建材と建材の接合部分を気密シートや気密テープなどで隙間なく施工していく、ということ。つまり、高気密の実現には、通常よりも多くの専用部材と、丁寧な施工を行うための高い技術が必要となるんですね。手間やコストはかかりますが、快適な住宅をつくるためには絶対に見逃せないポイントと言えるでしょう。

気密性をあげることで、家の耐久性も上がります! 気密性を表す数値が「隙間相当面積C(シー)値」という値。これは、建物の床面積1㎡あたりにある隙間の面積を表す値なので、小さいほど気密性が高いということになります。高気密であるほど、壁の内側などに発生する結露を防いだり、換気の効果も持続したりするんです。躯体などを健康な状態で保つことができるので、家の耐久性アップにも大きく貢献してくれますよ。そうした、戸建て住宅の気密性の必要性は、国としても重要視しているんです!気密性をあげることで、家の耐久性も上がります! 気密性を表す数値が「隙間相当面積C(シー)値」という値。これは、建物の床面積1㎡あたりにある隙間の面積を表す値なので、小さいほど気密性が高いということになります。高気密であるほど、壁の内側などに発生する結露を防いだり、換気の効果も持続したりするんです。躯体などを健康な状態で保つことができるので、家の耐久性アップにも大きく貢献してくれますよ。そうした、戸建て住宅の気密性の必要性は、国としても重要視しているんです!

C値とは? 『UA値』と並んで、住まいの心地よさを測る上で目安となるもの。建物の床面積1㎡あたりにある隙間の面積を表す値で、値が小さいほど気密性が高いということになります。C値とは? 『UA値』と並んで、住まいの心地よさを測る上で目安となるもの。建物の床面積1㎡あたりにある隙間の面積を表す値で、値が小さいほど気密性が高いということになります。

国が考える住宅に気密性が必要な4つの理由

国土交通省の外郭団体IBEC(財団法人 建築環境・省エネルギー機構)から出版されている「住宅の改正省エネルギー基準の解説」には、気密性が必要な理由として以下の4つが挙げられています。

  • ①漏気負荷を減らし、省エネルギー化と室内温度環境の快適性向上を図る
  • ②壁体通気を抑制し、断熱性能の低下を防止する
  • ③壁体内結露を防止する
  • ④計画換気の性能を保持する

つまり、空調設備の効きが良くなるので、無駄なコストがかからず、断熱性能も最大限活かせるということですね。かつ、壁体内結露も防止できて、さらに計画換気の効果も維持できるので、まさにいいことづくめ!さまざまな法律や制度、専門的な数値計算など、難解なことも多い家づくりですが、私たち専門家が全力でサポートいたしますので、一緒に楽しく、理想の住まいについて考えていきましょう。

サラホームは、必要なことを必要な分だけご提案しています。知りたいことがあれば、いつでも質問をしに来てください。お待ちしています!!サラホームは、必要なことを必要な分だけご提案しています。知りたいことがあれば、いつでも質問をしに来てください。お待ちしています!!

「一期一家」Present!!「一期一家」Present!!

ご予約はお電話か、下記のフォームからお申し込みください。 tel.046-286-2722 営業時間:9:00-17:00  定休日:火曜日/水曜日

来店予約はこちら!

Line Up

商品ラインナップを見る